Biography


山吹とは「山吹色」の意。

山吹色は日本古来の、そして唯一無二の独自色彩。

山吹は、その唯一無二の独自性を志し、栃木県宇都宮市を中心に活動している。

 

【2006年】

2月、山吹の前身となる、アコーステックデュオ「やまぶき」を湯浅匡史と共に結成。

10月、初ライブを経て宇都宮市を中心に活動開始。 

【2008年】

8月、JOKERによる自主企画「Music Compression」を旗揚げ。

【2009年】

9月、初の自主制作音源「やまぶき」を発売。

【2010年】

6月にてGt & Vo湯浅匡史が無期限活動休止となる。

以後、JOKERのソロにて「山吹」と名乗り、活動を行う。

【2011年】

3月、東日本チャリティー音源「 光 」を発売し、売上の全額を義援金として寄付活動を行う。

同年より、Music Compressionでの義援金活動を実施。

 【2012年】

3月、ソロでの自主制作アルバム「明鏡止水」を発売。

【2013年】

DrumsにO.S.P(オサッピ)を迎え、Gt & VoとDrという変則的な2人組バンドとして活動開始。 

【2014年】

9月、ホームとする宇都宮HardRockHouseの21周年オムニバスに「遠雷」にて参加。

11月、American Beer Bar REDSにて、自主企画「at Home」を開催。

Gt&Vo JOKERの一身上の都合により、ライブ活動休止。 

【2015年】

8月、約10ヶ月の休止期間を経て活動再開となる。

この年より、アコースティック形態の際にはサポートカホンのHosoyaを迎えて活動を行う。

【2016年】

サポートメンバーHosoyaがベースにて参加。

【2017年】

Nasu-Wave Recordsに参加。

8月、Music Compressionを10年目にして終幕。

11月、ライブ音源「舞台音源 其乃壱」を発売。

【2018年】

細谷が正式メンバーとして加入し、3ピースバンドなる。

11月、CD「春夏」「秋冬」を2枚同時リリース。

山吹初の自主企画『月下の宴 第一夜』を開催。

【2019年】

1月より、「春夏」「秋冬」レコ発ツアーを敢行。

5月19日宇都宮ハードロックハウスにてツアーファイナル『月下の宴 第二夜』を開催。